岡山県公安員会指定 犯罪被害者等早期援助団体 Victim Support Center Okayama
  公益社団法人 
被害者サポートセンターおかやま(VSCO(ヴィスコ)
本文へスキップ

被害者サポートセンターおかやま は、犯罪被害者を支援する岡山県の民間団体です。

相談電話086-223(にーさん)-5562(こころに)

相談・支援は無料 月〜土 午前10〜午後4時 祝日・年末年始は休み
時間外は 0570−783-554(なやみはここよ) 7:30〜22:00

VSCOの支援の事例 障がいがある子どもへの性被害

●特別支援学級のKさん

 
K さんは、遊びに行った帰りに駅で知らない男性に呼び止められ、障がい者トイレに連れ込まれてレイプされました。K さんは、そのことを周囲に打ち明けることができませんでした。K さんのお母さんが、お風呂に入っているK さんの様子を見て、妊娠に気づきました。悪質な加害者に障がいを利用されて被害に遭う知的障がい者もいます。被害に遭ったことも言えず、自分の妊娠に気づかないこともあります。病院の産婦人科に行ったK さんのお母さんに、窓口の人が「VSCO に相談したら」と、アドバイスをし、VSCO とつながりました。VSCO の支援員は病院に出向き、病院の相談室を借りて面接も行いました。K さんのお母さんは警察に相談に行き、被害届を出すことにしました。
 K さんは、警察署で警察官からの問いかけにきちんと答えることができませんでした。机の上に置いた地図で被害に遭った場所を指し示すことができず、事件に遭った日もわかりませんでした。
日時も場所も特定できず、被害届は出せませんでした。K さんは、中絶手術を受けました。お母さんは、「中絶できて良かったです。ありがとうございました」と言われました。知的障がいがある被害者の場合、警察へ被害届を出すことが困難な事例が多くあります。

相談・支援は無料
秘密厳守


公益社団法人 
被害者サポートセンターおかやま

VSCO(ヴィスコ)) 

相談電話 
086-223(にーさん)-5562(こころに)
性犯罪被害相談専用電話
相談電話 
 
086-206-7511
月〜土 10:00〜16:00
祝日・年末年始は休み

時間外には

●全国共通ナビダイヤル
0570-783(なやみ)-()554(ここよ)
7:30〜22:00
12/29〜1/4は休み