岡山県公安員会指定 犯罪被害者等早期援助団体 Victim Support Center Okayama
  公益社団法人 
被害者サポートセンターおかやま(VSCO(ヴィスコ)
本文へスキップ

被害者サポートセンターおかやま は、犯罪被害者を支援する岡山県の民間団体です。

相談電話086-223(にーさん)-5562(こころに)

相談・支援は無料 月~土曜日 午前10時~午後4時
祝日・年末年始は休み

性犯罪(性犯罪被害)にあわれた方へ

-あなたは悪くないよ-  

被害直後の方へ  家族や友人の方へ

 
性犯罪は、「魂の殺人」と呼ばれています。その被害にあわれたあなたは、深い心の傷を受け、人間不信に陥っておられるのではないかと思いますが、まず何よりもご自身の体を守るために、産婦人科を受診されることをお勧めします。

 また、あなたは、加害者(犯人)に対する処罰を求め、警察へ届け出るかどうか迷っておられるかも知れません。しかし、警察への届け出というひとつの区切りをつけないと、あなたは、深い心の傷を抱えながら一生を「被害者」のまま終えるかもしれません。

 VSCO(ヴィスコ)は、あなたが、立ち直り再び自立した人生を送られることを心から希望しております。警察へ届け出た後は、捜査から裁判へと刑事手続きが進みますが、現在では、警察でも、検察庁でも、裁判所でも、あなたがその過程で受けるご負担をできるだけ軽くするために、さまざまな工夫、努力がなされています。VSCOも、あなたに寄り添いながら、次のようなお手伝いをさせていただきます。

1.産婦人科の受診は、おすみですか?       

  • 望まぬ妊娠や性感染症を防ぐために、1時間でも早く産婦人科を受診してください。(→原則として被害後72時間以内であれば避妊ができます。)
  • 岡山県内のどこの産婦人科病院・医院でも、受診できます。
  • 受診に必要な経費は、岡山県警察の性犯罪に関する公費負担制度が利用できますし、これでカバーできない場合は、VSCOの緊急支援金制度でカバーできる場合があります。
  • VSCO(ヴィスコ)は、産婦人科医の方へ「被害者は、一般の待合室ではなく、別の部屋とか車中で待機させるよう」お願いしています。


     詳しいことは、VSCOにご相談ください。産婦人科医の紹介や付き添いもさせていただきます。



2.加害者側の弁護士から示談の申し入れを受けていませんか?

  • 加害者(犯人)側の弁護士から、示談の申し入れがなされる場合があります。

  • このような場合、自分は厳しい処罰を望んでいるのに、示談をしたら、加害者が罰せられなかったり刑務所に入らずにすむのではないか。逆に今示談しておかないと慰謝料の請求が事実上難しくならないか。示談するとしてもその額はどうなのか。判断に迷うことがあるはずです。

    VSCOでは、被害者支援に精通した弁護士の紹介をさせていただきます。弁護士費用については法テラスやLA岡山の犯罪被害者援助制度が利用できますので、心配いりません。是非VSCOへご相談下さい。



3.VSCOから精神科へ橋渡しをすることもできます。

  • 人間はあまりに突然の予期できないことに遭遇すると、誰でも、眠れない、フラッシュバックがおきるなどの症状が出ます。 あなただけではありません。ひどくなると、PTSD、うつ病、パニック障害などの精神疾患をきたす場合があります。

    そこで、VSCOでは、犯罪被害に精通している精神科医の紹介や付き添いをさせていただきます。治療費などを負担する制度もつくっています。是非VSCOへご相談下さい。



4.また、VSCOでは、エイズの無料検査、公営住宅の一時使用(転居先の確保)や引っ越し費用の一部支給などのお手伝いをさせていただきます。

詳しいことは、VSCOへご相談下さい。

5.以上の外にも、警察、検察庁、裁判所への付き添い、被害者が証言する場合の遮へい・ビデオリンク、意見陳述等々被害者の刑事手続きでの負担の軽減や被害者の刑事手続きへの積極的な参加のために、さまざまなお手伝いをさせていただきます。是非VSCOへご相談ください。



性犯罪被害相談専用電話ができました。
性犯罪被害相談専用電話
相談電話 
086-206-7511
月~金 午前10時~午後9
   
 午前10時~午後4
祝日・年末年始は休み

「性犯罪被害者のための緊急支援金」 活用の流れ


VSCO性犯罪被害者のための緊急支援金

VSCOは、次の条件にすべて該当する場合に、その費用を全額負担します。


➀ 対象事件

刑法第176条(強制わいせつ)・第177条(強姦)・第178条(準強制わいせつおよび準強姦)・第178条の2(集団強姦等)・第179条(未遂罪)・第181条(強制わいせつ等致死傷)

② 対象経費

初診料、検査経費、性感染症経費、緊急避妊措置経費、診断書料等(継続して行われた再診料、検査経費等を含む。)

③ VSCOの紹介など

VSCOが、VSCOと岡山県産婦人科医会との間の平成25年1月28日付協定書に基づき、産婦人科医会の会員に紹介した被害者もしくは受診後に情報提供書(問診票)を添えてVSCOの面接相談を受けた被害者で、かつ、被害後原則として72時間以内に診察・措置が行われたこと。

④ 公費負担制度の不適用

岡山県警察の「性犯罪に関する公費負担制度」が適用されないこと。




  VSCOが被害者を紹介した場合    

  1. VSCOから事前に病院・医院に連絡したうえ、被害者が受診します。その際、VSCOの支援員が原則として同伴します。
    別紙相談票は、原則として被害者が持参しますが、VSCOからFAXする場合もあります。

  2. 被害者が警察へ連絡する場合には、まず岡山県警察の公費負担制度をご利用ください。

  3. 被害者が警察へ連絡しない場合、または連絡しても公費負担ができない場合には、「被害後原則として72時間以内に診察・治療が行われた場合」に限り、対象経費をVSCOが負担します。
    その場合には、別紙問診票を添えてVSCOにご請求下さい。被害者が対象経費を窓口で支払い済みの場合には、被害者から別紙問診票と領収書を提示
    していただければ、VSCOが被害者に直接お支払いします。



     被害者がVSCOを通さないで直接受診した場合

  1. 被害者が警察へ連絡する場合には、まず岡山県警察の公費負担制度をご利用ください。

  2. 被害者が警察へ連絡しない場合、または連絡しても公費負担ができない場合には、「受診後に別紙問診票を添えてVSCOの面接相談を受け、かつ被害後原則として72時間以内に診察・治療が行われた場合」に限り、対象経費をVSCOが負担します。
    その場合の支払い方法は、VSCOが被害者を紹介した場合と同じです。

  3. VSCOでは、上記対象経費の負担以外にも、「性犯罪被害にあわれた方へ」のとおり、さまざまな支援を行っておりますので、その時機を問わず、VSCOへの相談を勧めてあげてください。




山県公安委員会指定「犯罪被害者等早期援助団体」
公益社団法人 被害者サポートセンターおかやま
Victim Support Center Okayama 
VSCO(ヴィスコ)
(全国被害者支援ネットワーク加盟)

 

性犯罪被害相談専用電話ができました。

性犯罪被害相談専用電話
相談電話 
086-206-7511
月~金 午前10時~午後9
   
 午前10時~午後4
祝日・年末年始は休み


ひとりで悩まないで!!



「あなたは悪くないよ 性犯罪被害にあわれた方へ」
 岡山県産婦人科医会 被害者サポートセンターおかやま
性被害直後の方へ  家族・友人の方へ  




 
被害者のあなたへ「あなたは悪くない。



性犯罪被害者のためのワンストップ支援センター  
相談センターを中心とした連携型(岡山方式)について

相談・支援は無料
秘密厳守


公益社団法人 
被害者サポートセンターおかやま

VSCO(ヴィスコ)) 

相談電話 
086-223(にーさん)-5562(こころに)
月~土 午前10~午後4時
祝日・年末年始は休み


性犯罪被害相談専用電話

相談電話 
086-206-7511
月~金 午前10時~午後9
   
 午前10時~午後4
祝日・年末年始は休み